幹事としての二次会景品の考え方

人気ランキング
いらない?
高額
景品と案
売れ筋
現物給与
アイデア
キャラクター
健康グッズ
宝くじ
盛り上がる
サイトマップ
忘年会とビンゴの景品は

うまい棒1年分


忘年会や新年会、結婚式などでは、必ず盛り上がる場としての
二次会を開催することが多いですが、そこではビンゴが行われることが多いです。

ビンゴの景品

そして二次会のビンゴの景品として、
うまい棒1年分が貰えるとなると
人によっては大変、喜ばれるお菓子であるため
若い方なら誰もが欲しいと狙います。

うまい棒は筒形棒状の小麦のスナック菓子で、
長さが11cm前後で太さが3cm前後の大きさで
スーパーやコンビニの駄菓子コーナーに
置いてあるお菓子です。

一番の魅力は多彩な味付けが見られることと、1本10円前後の値段で
購入することができ、格安なのも魅力となります。

おやつや小腹が空いた時に食べることもできて、ちょっとしたシーンで
食べる上で重宝された存在となります。

それが1年分も貰うことができると圧巻なイメージもあることで、
参加者としても貰って損はないので欲しい方も結構いるはずです。

うまい棒1年分では、うまい棒が365本入っていることとなり
1年分と聞くと景品の量が多いイメージを先行させる効果があるため、
盛り上がる場合もあります。

実際には二次会のビンゴなどの景品として渡す場合には、
それだけの量をそのまま渡すこともできますが持ち帰りに不便となるため
目録として贈呈する形になることが多いです。

持ち帰りに親切

また二次会の盛り上がりとしては
一年分という言葉の響きは
大量とイメージされやすくて、参加している人にも
欲しいなあと思わせる効果もあります。

予算をあまりかけることができないビンゴなどで
うまい棒一年分は参加者にインパクトを与える効果として最適かもしれません。